オーバン14年/ OBAN 14years

オーバン14年 シングルモルト
オーバン14年

今晩のお酒はオーバン14年(OBAN 14Years)

スコッチのシングルモルト、ハイランドのお酒になります。

オーバン蒸留所はこういうところにあります。

Google Map Oban

地方としてはハイランド。だけど海に面した街オーバンで蒸留されたウイスキーになります。

スコットランドの北部。いわゆるリアス式海岸ですね。複雑な海岸線、海岸にせり出す山。そういう地理的な特徴は、お酒にどのように影響を与えているのでしょうか?

オーバン蒸留所は1794年に設立された。古い蒸留所ですね。

現在はディアジオ傘下のいわゆる「クラシック・モルト・シリーズ」に含まれる伝統的な蒸留所の一つになります。

このボトルはあんまりみない14年という中途半端な熟成年数ですが、このブランドではこれがスタンダードボトル。そして現在はブレンデッド向けのモルトの生産は行わず、自社ブランドのシングルモルトだけのために生産しているとのこと。なかなか気合いの入った蒸留所です。

テイスティング

さて味はどうでしょうか?まずはストレートから

香りはそんなにスモーキーな感じはしませんね。華やかなで甘い香り。実にハイランド的な香りです。品のある、上質なスコッチ、ザ・シングルモルトな香りです。クセがない。

テイスト:柑橘もう少し濃いめのフルーツになりますかね。濃いフルーツ。でも南のフルーツや青く若い感じではないですね。ちょっとドライなフルーツ。杏?

その後にスモークさそして潮の感じが来ますね。結構明確にしょっぱいですね。アイランズな雰囲気が全面に出てくる。そして香ばしい麦の感じウッディなスパイス感が最後に残ります。これはちょっと珍しい。

ハイランドとアイランズのおいしいところ取り。でもバランスは崩れてない。それぞれのニュアンスは標準的なもの、でも組み合わせやバランスが特徴的で、個性的です。これは面白いお酒です。

麦感が強いせいですかね、クリーミーさというよりもオイリーと呼んでもいいぐらいかもしれません。アイラでもブラックラディのクラシックとかこういうニュアンスがしますね。海の向こうはもうアイルランド。舌が似ているんでしょう。こういう味が落ち着きます。

ちょっと加水してみましょう

甘みがましますね。更に飲みやすくなりますね。これはやばいやつですね。どんどん身体に吸収されていくやつです。危険です。

ストレートよりも少しだけ樽のニュアンス、オーク樽由来の香りが強くなるかもしれません。あとフルーツっぽい甘さも際立ちますね。もう少し熟した感じに。ねっとり甘く、ちょっとだけ酸のあるフルーツ。いちじく?

余韻がなかなか消えてくれないのです。だから続けて飲み続けられる。ずっと楽しい。リッチでバランスが良い。

氷をいれてみましょう。

ちょっと酸味が前にでてきますかね。甘みとのバランスがやっぱりいい。

そしてスモーキーさとしょっぱさも消えないので、非常に飲みやすい。隙がないな。

では最後に炭酸いれて、ハイボールに。

爽やかで、飲みやすい。リンゴがでてきますね。美味しいです。

でもさすがにこのレベルのシングルモルトをハイボールにするのは気が引けますね。やっぱりストレートかちょっとだけ加水した飲むのがベストでしょう。

食後酒もいいかもしれませんが、なんか休みの日の午後、おやつがわりにダラダラ飲みながらディナー待つのがいい酒かなという気もしますね。クラシックな映画を眺めながらのんびりとした休日の午後。そういうお酒です。

実売価格は6000円程度ですかね?ちょっとお高いですが、その価値はあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました