デュワーズ・ホワイトラベル

スコッチ

フェイマスグラウスの抱き合わせ三本セットの最後のボトル、デュワーズ開けてみた。何度か買ってはいるが、あんまり記憶にはない。たぶんハイボールを楽しんだ、夏の酒。ティチャーズと同じ引き出しに入ってる酒ですね。

フェイマスグラウスのレビューはこちら。

同じく抱き合わせセットだったグランツはこちらから

デュワーズの詳細はこちらのサイトを参照のこと。近年人気もあり、ライナップも充実しています。

日本だとバカルディが販売しているんですね。居酒屋でもたまに飲めるのは、そういう販路があるということでしょうね。

キーモルトの情報もありますね。

アバフェルディ、クライゲラキ、オルトモア、ロイヤル・ブラックラ、ザ・デヴェロン 

比較的流通しているのは、アバフェルディぐらいですかね?それでもあんまり記憶にはないので、今度試してみましょう。

まずはストレートから。

ちょっとアルコール感が強いですかね。甘めの香り。麦芽由来の香ばしい甘さとレーズンっぽさ。シェリー樽由来ですかね。味はスムース。クリーム系。甘味が強いですかね。

最後に少しビターが来て、スモークさも少し残りますかね。グレーン感がちょっと強いのかもしれないですね。これはこれで美味しいバランスだと思います。

氷入れてみた。

ちょっと爽やかな酸味が前に出てきましたね。ストレートよりはこっちの方がいいかな。フルーツ感も強まりましたかね。なんだろう?りんごまではいかないですかね。瞬間バナナを感じましたね。あとミルクチョコレートか。樽由来の香ばしさかな?

炭酸で割ってみましょう。

流石に香りは抑え気味になりますね。1000円台のブレンデッドだからそれはしょうがないですね。爽やかな酸味甘味。そのあと苦味とスモーキーさが残って、スコッチのハイボールな感じがきっちりしますね。真面目な酒ですね。

【追記】

二日ぐらい経って、だいぶスモーキーな香りが立ってきました。ハイボールがやっぱりいいですね。たまにバナナ感がしますね。ちょっと青っぽい香り青い島バナナの香り、って一握りの人しかわかなんいかもしれませんね。

ここんとこフェイマスグラウス、グランツ、そしてこのデュワーズ。さあどれが一番好き?難しいですね。お酒として面白いのはフェイマスグラウスですかね。しっかりしてるのはデュワーズですかね。安心感?それとは別の落ち着き感じるグランツも嫌いじゃない。この価格帯、色々とあるので、これという一本決めるの難しいですね。好き好きですし、気分や季節によって変えればいいんでしょうね。だってこれにまだバランタイン・ファイネストもジョニーウォーカー赤に、先にちょっとだけふれたティーチャーズがあり、ホワイトホースがあり、バーボンもカナディアンもジャパニーズもあると。悩ましいですね。

コメント

  1. […] フェイマスグラウス、グランツ、デュワーズ、ジョニ赤。 […]

タイトルとURLをコピーしました